アウトプット前提でインプットすることの大切さ.

さて、大学の試験も終わり夏休みです。

学生生活最後の夏休み(留年しなければ・・・)なので、思う存分楽しもうと思ってます。

それについては、また今度書くとして。

今日は、そもそも何でブログを書こうと思ったのか。

別に芸能人でもないので、毎日「何食べた」とか「どこ行った」とかってのを書くつもりは毛頭なくて。

一番の目的は、「頭の整理」です。

タイトルにもしましたが、アウトプット前提でインプットすると、知識の定着率は高まります。

例えば、ただ何となく講義に参加するのと、講義の内容をレポートにまとめるつもりで参加するのでは全く臨む姿勢が違うはずです。

必要な箇所、重要な箇所はどこだろう?って脳内でアクティブサーチしながら聞くはずです。

 

で、それを実際にレポートという形で書くことで、しっかりと自分のモノにできる。

 

読書もそう。

このブログに書評を書く前提で読んでいれば、自ずとアクティブになり、読書効率も定着率も高まる。

週2冊のアウトプットを目標に頑張ろうと思います。

 

インプットしたものをアウトプットして、それを自分や周囲の人のために用いる。

 

通り過ぎていこうとしている過去は、未来で活かすためにあると思ってます。

 

じゃあ、未来のために、今何をインプットするのか。

 

そのためには、目標が定まっていないといけない。

 

目標を定め、何が必要なのかを五感で感じられるレベルまで細分化して、インプットしていく。

 

それの繰り返しが、人生を作っていくと思ってる。

 

勿論、目標を決めると可能性を狭めてしまうから好きではないって人もいるでしょう。

 

その考えはよくわかるし、否定するつもりもない。

 

自分のやり方で、これからを作っていけばいいと思う。

 

ではでは。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中