2011年でアフリカで実質成長率が一番高いのはガーナ。

お疲れ様です。

 

というわけで今日もアフリカ」を見ていきましょう。

 

世界の実質成長率ランキングでアフリカトップを走っているのがガーナのようです。

http://ecodb.net/ranking/imf_ngdp_rpch.html

 

国の詳細はこちらのページに詳しく載っておりまする。

http://ecodb.net/country/GH/

 

ガーナといえばチョコレートのイメージしかなかったのですが、こんなに成長してるとはビックリですね。

14.39%って結構な値ですし。

公用語も英語で、政体は共和制とのこと。

人口は2500万人。

日本人長期滞在者は240人。

経済関係は以下の通り。

(1)対日貿易

(イ)貿易額(2011年)(日本財務省貿易統計)
対日輸出 約139.66億円
対日輸入 約145.55億円
(ロ)主要品目
対日輸出 カカオ豆,マンガン鉱,軟体動物(いか,たこ等)
対日輸入 自動車,タイヤ・チューブ,原動機,鉄鋼板

(2)日本からの直接投資
進出企業 10社(2012),金額 3億円(1989~2006年累計)

日本からは10社しか出てないのね。

 

昨日と同様に、データを掲載したわけだけど、これだけじゃビジネスがどうなっているかなんて見えてこない。

 

ベトナムに行った時もそうだった。

 

事前に書籍を調べたりしたけれど、現地に行って初めて「ああ、こういうことなのね。」って腹落ちすることも多かった。

 

例えば、ベトナム人は「家族思い」という点。

インターンでビックリしたのは、定時に絶対みんな帰るということ。

それは家族との時間を大切にしたいから。

家族が誕生日だったりすると、会社も気を使って早めに帰宅させてたりする会社もある。

コミュニティの重要度でいうと、

家族>恋人>友人>同僚ってイメージかなあ。

ガーナからだいぶ話がそれちゃったけど、

統計に載らないところにこそ、チャンスがあるのかもしれません、ってことを言いたかった。

(ってか、当たり前か。データならPCで検索すれば誰でも入手できる時代なわけだから、現地の情報にこそ価値が生まれるんだろうね。)

http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/Region/Africa/Radar/20110802.html

ちなみにこれは、日本とサブサハラ地域が失われた20年という点で共通しているという記事です。

 

参考までに。

 

ではでは!d54d402d994d652039e811dfd2cd55d31

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中