フォアグラ弁当の販売見合せにつき。

ううむ、この記事にあるように、フォアグラの飼育方法が残酷だから自粛ってのは確かによくわからん。

それを言い出したら他にも沢山あるでしょう、残酷なのは。

ってか、何故飼育方法という過程をクローズアップするのだろう。

豚だろうが何だろうが、最終的に屠殺されてる点には変わりないじゃん。

食用動物とはいえ、一思いにやった方が人道的、ってことでしょうか。

そして更に気になるは、会社に対応だなあ。

客からお客様相談室、
そこから弁当の担当部署に話が行ったんだろうけど、

何で見合わせってことになったんだろうか。

「こういうご意見もありましたが、弊社としては調理過程、環境には最大限注意しております」

的なアナウンスをするという手もあったのでは。

CSR部門とかの意見が強くて、ここは自粛だ、っていう展開にでもなったのか。

消費者の声をすべて反映するのは無理があるんだから、最初からコンセプト打ち出してそれに共感する消費者に買ってもらえばいいのでは、なんて思った次第。

何だかなあ。

http://blogos.com/article/78722/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中