STAP細胞問題とメディア。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38999

別にSTAP細胞問題に始まったことじゃないんだろうけども、
メディアの取材が実に適当だということが顕在化した一件なのではないかと思う。

要はメディアは情報を「流し」ているだけで、それに考察等は加えていないのだ。
いや、おそらく正しくは、加えられる人材がいないのだろう。

記者の専門性はいったい一体いつになったら育つのか。

遠くから眺めていようと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中